whotenphotograficks

<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

*214

b0143100_10153313.jpg

[PR]
by whoozy | 2011-03-31 10:15

*213

b0143100_2225445.jpg

[PR]
by whoozy | 2011-03-28 22:25

*212

b0143100_10131139.jpg

[PR]
by whoozy | 2011-03-22 10:12

*211

b0143100_1934131.jpg

[PR]
by whoozy | 2011-03-20 19:33

*210

b0143100_2337455.jpg



見失ってはいない。
残るものは残っている。
大事な部分が。
[PR]
by whoozy | 2011-03-17 23:34

*209

b0143100_21572682.jpg




[PR]
by whoozy | 2011-03-16 21:56

地震について

昨日の朝方に起こった地震。
長野県栄村を震源地とした震度6の地震。
僕が住んでいるところは、その隣町。
寝ていた僕が地震に気づいたのは、嫁の叫び声だった。揺れる視界、くずれる音、物が落ちる音。家が揺れる音は想像よりはるかに大きく小刻みだ。
その後も余震が続き、子どももいるためなかなか動けない。しばらく布団の中で耐え、外に飛び出す。
まだ暗い朝方。
いつまでも外にはいれず、クルマに非難。
ようやく明るくなる空。
家に入ると、物が散乱している。
鉢は割れて落ちていた本の上に土がかぶさっている。
片付けている時にふと思う。
「物があるだけまだましだ」と。

東北地方の方々は想像をこえた恐怖、飢え、悲しみ、苦しみと戦っている。

テレビをみていて思ったのだか、あのインタビューの数々。現地のこえはわかるが、もうインタビューはするな!なぜ余計に悲しませる!何がしたいんだ!

報道が行き過ぎている。キャスターの質問ももっと優しくできないのか。

現地の人を、すこし休ませてあげて。
そっとしておいてあげれないのか。

明日からまた仕事が始まる。
家にいる家族は不安でいっぱいだ。


強く、強く生きなくてはいけない。
[PR]
by whoozy | 2011-03-13 23:53

*208

b0143100_10194250.jpg

[PR]
by whoozy | 2011-03-11 10:18

*207

b0143100_18111920.jpg

[PR]
by whoozy | 2011-03-10 18:10

*206

b0143100_043883.jpg

[PR]
by whoozy | 2011-03-06 00:42